1. TOP
  2. 芸能(model)プロダクション詳細
  3. キャストネットキッズの詳細情報

キャストネットキッズの詳細情報

キャストネットキッズ/会社紹介

キャストネットってどんな会社なのか?気になったので 調べて見ました。ポイントとしては設立が2002年と10年以上の実績があり安心ですね。

あとはTV・映画・出版業界などの主要取引先もしっかりしているので仕事やオーディションの期待は大。

商     号 株式会社キャストネット
所  在  地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-2
設     立 2002年11月1日
資  本  金 500万円
代表取締役 川元 賢司
業 務 内 容 『キャストネットキッズ』
・キッズモデルのマネージメント及び管理業務を中心としたファミリーの「思い出作り」支援
『ライツマネージメント』
・キャラクター等の著作物・商標など知的財産の管理と、その企画・開発・商品化及び販売
サポート等
『アニマルキャスト』
・出演動物のキャスティング、マネージメント及び管理業務
・ペット関連コンテンツの企画・開発等
『その他』
・各種イベント・WEBサイトの企画・制作・運営業務、各種プロモーション業務、映像制作、
各種出版
関 連 会 社 株式会社プロシード(タレントキャスティング業務)/株式会社スイートルーム(携帯サイト運営業務等)/株式会社ジャパンミュージックシステム(インディーズCD及びDVD流通業務)/株式会社ディケイド(プロダクション業務)/株式会社ブレイブ(プロダクション業務)/その他
主要取引先 ●TV局、日本放送協会、日本テレビ放送網株式会社、株式会社東京放送、株式会社フジテレビジョン、株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ東京、東京メトロポリタンテレビジョン株式会社、他
●出版社/株式会社講談社、株式会社光文社、株式会社小学館、株式会社角川書店、株式会社文藝春秋、マガジンハウス、オリコン・エンタテインメント株式会社、他
●映画会社/東宝株式会社、東映株式会社、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社、他
●広告代理店/株式会社電通、株式会社博報堂、株式会社アサツーディ・ケイ、株式会社I&SBBDO、株式会社日本経済広告社、株式会社読売広告社、他
●その他企業/株式会社バンダイ、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社ローソン、 株式会社ローソンエンターメディア、株式会社ジェーティービー、株式会社リクルート、有限会社バッドボーイジャパン、株式会社ベベ、株式会社タカラトミー、日本アニメーション株式会社、株式会社NHKエンタープライズ、株式会社キタムラ、市原ぞうの国、株式会社ジャルパック、株式会社ジェーシービー、ユーシーカード株式会社、他 引用:http://www.castnet-web.jp/
公式サイトへ⇒

 

 

 

キャストネットキッズ/仕事の流れ

仕事の流れとしては2通りあり、会員登録されたお子様の情報をキャストネット側が認証したTVや雑誌関連の制作担当者がネット上で検索。

プロフィールなどを検索した担当者が様々な条件やイメージから選んだ(オーディションなど) キッズを起用しています。

もう一つが会員ページからの応募になります。

会員登録後、すぐに会員専用ページを閲覧出来るようになります。

そこからお子さんのイメージ・条件・スケジュールが合うお仕事にキャストネット事務局を通して応募するという流れです。

各業界の出演者数は2006年の時点で6,000人を超えており 現在では20,000名は超えていると思われます。

全国47都道府県全てから登録できネット上で申し込みや出演依頼などができる利便性から人気は現在でも上昇しているみたいですね。

 

キャストネットキッズ/料金(費用)

キャストネットはなんと最初の年に16,200円(税込)のみで、あとは費用をかけずに読者モデル活動などができます。(2年目以降は10,500円<税込>)

この低料金と気軽さが、赤ちゃんモデル初心者や未経験のお子さんにもってこいのプロダクションなんです。

テアトルアカデミーと比較した場合、下の表のように料金の安さは明らかですね。

            

テアトルアカデミーと比較 テアトルアカデミー キャストネットキッズ
入会審査の有無 あり(無料) なし(希望者全員)
年会費用 ~180,000円程度 16,200円のみ
登録写真 自己負担 ママ・パパが撮影した写真でOK
仕事の選択 事務所よりオファー 基本的に自分で選択可能
レッスンの有無 あり なし

 

キャストネット/実績

↓は2018年、直近で実績の一部です。聞いたことあるようなCMや雑誌の仕事がありますね。

  • NHK「いないいないばあっ!」
  • P&G「パンパース」
  • 日産「セレナ」
  • マクドナルド「ハッピーセット」
  • タカラトミー「プラレール」
  • 早稲田アカデミー
  • パイロットインキ「きらりんカード」
  • メイト「月刊ひろば」2月号
  • ホーチキ
  • リトルアンデルセン「ヒステリックミニ」
  • 丸高衣料「アコバ」Web
  • 大日本図書「理科教科書」
  • ジョイパレット「トントン大工さん」
  • サンド
  • 映画「僕はイエス様が嫌い」
  • 大日本図書「算数教科書」
  • パイロットインキ「おやつアイス」
  • セガトイズ
  • パイロットインキ「くまさんかいてんずし」
  • モダンロイヤル「ホームジャンピング」
  • 三和製作所「スクラボ」
  • アクトインディ「いこーよ」
  • 野村證券
  • メイト「月刊ひろば」3月号
  • 講談社「鉄道体験本」
  • 帝国書院「楽しく学ぶ 小学生の地図帳」
  • QVC「帝人タオル」
  • パイロットインキ「メルちゃん」キャンペーン
  • カプコン「モンスターハンターワールド」

 

個人的にリサーチして感じるのは、テアトルがTV・CMの割合が多いのに対して、圧倒的にCM・広告・雑誌の割合が多いようです。

つまり、ベビーモデルなどの仕事が多いという印象が大きいですね。

イクメンパパの意見としては、キャストネットは『気軽に登録できてお子さんとの思い出づくりを楽しみながら、ベビーモデルの経験や実績を積み上げていく』といったところでしょうか。

まずはキャストネットに登録して、ここでの体験や経験を活かして本格的な芸能プロダクションに行くというのもアリだと思います。

 

キャストネット/コンセプト

キャストネットのコンセプトは「思い出づくり」つまり、パパママとお子さんさんとの思い出づくりのお手伝いをするということですね。

お子さんの個性や家族の絆をテーマに普通の子供や赤ちゃんでもTVやCM、雑誌等に出演できるというシステムを構築しています。

なので、「本格的に芸能界デビュー!」「ベビーモデルにさせたい」というより「貴重なベビーの時期を思い出や記念に残したい」というようなパパママに向いているかもしれませんね。

かと言って仕事の方は業績を見てもらえればお分かりだと思いますが、様々な業界からのオファーが有りやりがいはあると思います。「思い出づくり」を重視しているパパママにはオススメですね。

 

キャストネット/入会特典

旅行に行けて、しかもモデルになれる?

公式サイトへ⇒

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

赤ちゃんのモデルオーディション LABOの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

赤ちゃんのモデルオーディション LABOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

よく読まれている記事

  • 赤ちゃんモデルとは?いつからデビューできるの?

  • テアトルアカデミー(劇団コスモス)評判・口コミ・詳細情報

  • キャストネットキッズの詳細情報

  • 赤ちゃんのモデル事務所の見分け方は?登録する前の知識

関連記事

  • テアトルアカデミー(劇団コスモス)評判・口コミ・詳細情報